CDプレスは、安価で大量にCD複製を注文することができるのが魅力です。対応も非常に早く、マスターCDを送れば、最短で3営業日程で発送してくれる業者もあるので、次のライブまでに至急で増産したい場合にも最適です。プランも色々なものがあり、自分たちの希望や予算に合わせて選ぶことができます。また、音楽データと一緒に自分たちのこだわりのデザインを入稿すれば、完全なオリジナルのCDを作成することができます。反対に、デザインができる人が周りにいないという方はテンプレートを利用すれば良いので安心です。型抜きや箔押しなどの特殊加工ができる業者もあります。価格は少し高くなるので、通常の仕様とは違う限定版として小ロットで注文してみるのも良いですね。自分たちの曲をプロ並みの豪華なCDとして完成させることができます。

CDプレスを利用して高品質なCDを手に入れよう

CDの大量生産を業者に依頼する時、CDプレスとCDコピーの二つの方法から選択する事が出来ます。単純に大量生産を望んでいる場合はCDコピーで依頼する方がコストも安く、納期も非常に早いです。しかし、大量生産だけでなく高品質なCDを望んでいる場合はCDプレスがお勧めです。CDプレスでは原盤を作る事から始まります。その原盤を元にしてから大量生産を行い、生産されたCDにはピットと言われるくぼみ形状が作成されます。このくぼみがある事で高品質なCDを作る事が出来ます。高品質という事はオーディオプレイヤーで再生されないという不具合もありません。また長期保存にも適しているので、販売目的である場合は迷わずプラス製作で依頼しましょう。価格帯は各業者によって様々ですので、下調べしておき、評価や値段を見ておくと良いでしょう。

オリジナルCDをCDプレスしてもらう

CDプレスとは、業者に依頼して自分が作ったオリジナルのCDを複製することです。しかも、数百枚から数千枚まで注文ができます。基本的には、枚数を増やすことで一枚当たりの単位を抑えることができるため、できれば多くのCDを作ったほうがいいです。例えば、バルクCDの場合は、100枚で50000円ほどです。そして、1000枚作ると53000円ほどで作ることができます。初めて依頼するとスタンバーの作成があるので少し高めになっています。スタンバーとは型のことでそれがあると、次回からもっと安く作ることができます。そして、これにケースとレーベルプリントやジャケット代などが含まれて、100枚で65000円で、1000枚で86000円程になります。そして、納期に関しては、バルクの場合は最短三日ででき、ケース付きのほうでは最短一週間から十日ほどで完成して納品されます。