音楽や音声をきれいに残したいときや、そのCDを多くの人に配布する際、ぜひ利用したいのが、CDプレスを行っている業者です。プレスで作ったCDの特長は、再生の互換性が高いという点があります。だから、さまざまなプレイヤーに対応できるため、配布しやすいというのが大きな魅力のひとつです。最近は、リーズナブルな価格でCDプレスを行ってくれるオンラインショップが増えているので、コストを抑えたいと考えている企業や会社にとっても大きな魅力ですし、もちろん品質も高いものを提供してくれるので、より安心して利用できるととても評判です。また、ジャケット印刷から包装まで、トータルで依頼できる業者さんもあります。全てをお任せできるので、より便利に利用できるという点も嬉しい魅力ではないでしょうか。もちろん、見積り依頼や注文もホームページから手軽にできます。高品質で低価格のCDプレスが実現するので、依頼を検討しているなら一度相談してみると良いかもしれません。

業者に依頼してCDプレスをしてもらう

CDプレスをする業者はいろいろとありますが、どこでやって必要になるのが、原版です。この原版を作っておくと再度依頼をしても安くやることができます。そして、CDを作るとラベルなども必要になるので、その分の費用が必要になります。安いところでも、100枚で50000円前後になっています。もちろん、大量に作ったほうが安くなり、仮に500枚作っても52000円ほどとそこまで高くなりません。そのため、せっかく作るならば多めに注文しておくといいです。同じ業者に再度お願いをするとなると、スタンバー制作料金が不要になるので、100枚作っても30000円前後になり、500枚作ると40000円前後で作ることができます。そして、レーベル印刷も依頼するとなると少し高くなります。業者によって納期は様々ですが、最短3日で作ってくれるところもあります。見積もりを取って決めると安心です。

CDプレスを依頼することの有用性

自分のオリジナル曲で構成されたCDアルバムを作りたいというのは、ミュージシャンの夢のひとつでもあります。現代においてはコンピューターを使った音楽制作が広く普及しており、一昔前だと数百万円の出費が必要だった高レベルの音楽制作環境が、一通り揃えても僅か数十万円で手に入る時代になりました。ただし、CDという物理メディアでクオリティの高いものを作るとなると、個人レベルではほぼ不可能でしょう。アマチュアミュージシャンがオリジナルCDを作るとき、普通はCD-Rメディアを使うことが多いはずです。ところが、CD-Rというメディアは市販されている通常の音楽CDとは記録の方法が異なり、信頼性、保存性に劣ります。記録してから数年で聴けなくなる場合もあります。一方、きちんとCDプレスされたものはデータの信頼性、保存性においてはるかに長けています。また、市販のCDのように盤面に文字やイラストなどの印刷が可能ですし、ジャケットなども含めて商品としてのクオリティが高くなります。個人レベルでは不可能な何百枚、何千枚という単位での作成も可能となります。オリジナル曲をきちんと商品レベルで作成したいのであれば、CDプレスを業者へ依頼しましょう。